注文住宅で注意することは?

注文住宅で注意することは?

家はほとんどの人が、一生に一度の大きな買い物になるでしょう。特に注文住宅の場合なら尚更です。

注文住宅の費用は、土地の購入を含めるかどうかによって大きく異なってきます。
土地の購入を含めた場合は、全国平均で約4,606万円 とされていて、土地の購入を含めない場合は、全国平均で 約3,055万円 とされています。

 

また、注文住宅の費用は、建築工事費と諸費用に分けられます。建築工事費は、建物の規模や仕様、設備などによって変わりますが、全国平均で 約3,312万円 とされています。

 

諸費用は、手数料や税金などで構成されますが、全国平均で 約240万円 とされています。

 

以上が注文住宅の平均的な費用の概要です。

 

やはり、一生に一度の大きな買い物には間違いないですね。

 

注文住宅のメリット&デメリット

まず、注文住宅のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

自分の要望を高いレベルで住宅建築に反映できる

間取りや設備、仕様などを自由に選ぶことができるため、理想の家を実現できます。

建売ではないので建築段階からチェック可能

着工から引き渡しまでの工程を確認することができるため、品質や安全性に問題がないかを把握できます。

コストダウンの観点からも自由度が高い

こだわりたい部分には費用をかけ、そうでない部分は抑えるというように、予算に合わせて調整することができます。

完成した家によっては資産価値が高くなる

個性的で魅力的な家は、将来的に売却する際にも高値がつく可能性があります。

 

注文住宅のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

やはりコストが高くなりがち

自分の要望を形にするためには、標準的な規格から外れる設計や材料、工事が必要になる場合があり、それに伴って費用が増えることがあります。

要望が多いほど完成まで時間がかかる

注文住宅はプランニング期間や工事期間が長くなりやすく、入居までに1年以上かかることも少なくありません。

既製品ではないため構想段階では実物を見ることができない

注文住宅は完成するまではイメージや図面だけで判断しなければならず、出来上がった家が想像通りになるか不安に感じることもあります。

それ以外にもありますが、以上が代表的な注文住宅のメリットとデメリットの概要です。

注文住宅の建設費用を抑えるコツ

注文住宅の建築費用を抑えるコツは、大きく分けて以下のようなものがあります。

延床面積を減らす

延床面積とは、住宅のすべての階における面積を足したものです。延床面積が広くなればなるほど、建築費用が高くなります。暮らしに必要な面積を考えて、無駄なスペースを省きましょう。

建物の形をシンプルにする

建物の形が複雑だと、外壁や屋根などの材料費や施工費がかさみます。できるだけ四角い形や総二階建てなど、シンプルな形にすることでコストダウンできます。

間取りをシンプルにして部屋数を少なくする

部屋数を増やすと、壁や建具などの材料費や施工費がかかります。必要最低限の部屋数にすることでコストダウンできます。また、仕切りを減らしてオープンな間取りにすることも効果的です。

屋根の形をシンプルにする

屋根の形が複雑だと、屋根材や棟木などの材料費や施工費がかかります。切妻や片流れなど、シンプルな形にすることでコストダウンできます。

水周りをまとめる

水周りの設備を集中させることで、配管工事費の削減ができます。キッチンやユニットバス、トイレ、洗面所など、水周りの設備をできるだけ近くに配置するようにしましょう。

窓の数を減らすか、サイズを小さくする

窓の数を減らすか、サイズを小さくすることで、窓枠やガラスなどの材料費や施工費が削減できます。ただし、採光や換気の面も考慮して、必要最低限の窓は設けましょう。

収納スペースを1箇所にまとめる

収納スペースはできるだけ1箇所にまとめることで、壁や建具などの材料費や施工費が省けます。収納スペースに扉をつけないこともコストダウンになります。

 

以上のような方法で注文住宅の建築費用を抑えることができます。

 

しかし、コストダウンしてはいけない部分もあります。耐震性・耐火性・防犯・セキュリティ・断熱・屋根・外壁・窓の質などはよく検討されることをお勧めします。

外構もコストダウンの方法のひとつ?

コストダウンさせる方法は、家のみならず外構も検討する必要があります。

 

外構は、人によって好みや価値観が異なるため、一概には言えませんが、以下のようなものが挙げてみました。

 

生垣や植栽

目隠しや緑化には良いですが、剪定や水やりなどの手入れが大変です。また、トータルコストも高くなります。フェンスや木板などに置き換えることで、メンテナンスフリーで見た目も良くできます。

天然芝

お庭らしく緑化できますが、芝刈りや水やりなどの手入れが大変です。また、陽当たりが悪いと枯れたりします。人工芝に置き換えることで、メンテナンスフリーで一年中青々とした芝を楽しめます。

レンガ積みの花壇やタイル張りの塀

オシャレに見えますが、コストがかかります。また、タイルは剥がれてくる可能性があります。タイルっぽいブロックや他の表現技法に置き換えることで、コストを抑えて個性をアピールできます。

ウッドデッキ

腰掛けて庭を眺めたり、テーブルを出してお茶をしたりできますが、手入れが大変です。また、使える時期が限られています。天然木ではなく樹脂製のウッドデッキにすることで、メンテナンスフリーで耐久性も高くできます。

ソーラーカーポート

ソーラーパネルで発電して収入を得られるという魅力がありますが、実際にはコストパフォーマンスが悪く、メンテナンスも必要です。普通のカーポートにすることで、コストを抑えて車を守ることができます。

 

以上のような外構を全否定するわけではなく、デメリットを知った上で採用するならば問題ありません。自分たちの性格や価値観、理想の暮らしを考えて、判断をするようにしましょう。

注文住宅で注意する点

今まで、いろいろ述べて来ましたが、注文住宅を建てるときには、以下のような点に注意する必要があると考えます。。

予算の決定

土地や建物の費用、諸経費などを考慮して、無理のない返済計画を立てましょう。

建築業者の選定

大手ハウスメーカー、中小規模の工務店、設計事務所など、自分に合ったパートナーを見つけましょう。契約前には詳細な見積書やプランを提示してもらい、内容をしっかりチェックしましょう。

打ち合わせの徹底

自分の希望やイメージを具体的な資料で伝えやすくしましょう。分からないことや疑問はそのままにせず、話し合いましょう。打ち合わせの記録を残しておくことも重要です。

建材の選択

契約時に決めた仕様からグレードアップすると費用が増えることがあります。色や素材でイメージが大きく変わるので、プロのアドバイスを受けながら決めましょう。

現場の確認

着工後に現場に行くことがあれば、その時点での構造を見ることができます。後に見えなくなってしまう部分は写真を撮っておくとよいでしょう。ただし現場に入ることは危険を伴うため、必ず現場責任者と同行するようにしてください。

 

以上が注文住宅で注意する点です。