在来軸組工法について

在来軸組工法について

在来軸組工法の歴史は、縄文時代の竪穴式住居にまで遡ると言われています。
当時は、柱を土に埋めて桁や梁を架ける掘立柱式の構造だったとの事でしたが、木材の腐朽を防ぐために礎石を用いるようになりました。
その後、木材の加工技術や継手・仕口などの接合方法が発達し、ほぞ・ほぞ穴による柱や梁の組み合わせが主流となりました。これが在来軸組工法の原型です。

 

 

在来軸組工法とは

在来軸組工法とは、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた木造建築の構法です。

 

在来軸組工法とは、日本に古くからある木造住宅の建築方法で、柱と梁で骨組みを作り、壁や屋根を形成する工法です。

 

屋根構造には和小屋と洋小屋の二種類があり、基礎部分には布基礎や礎石などが用いられます。

 

在来軸組工法と対照的な工法には、壁で建物を支える枠組み壁工法(ツーバイフォー工法)があります。

 

しかし、在来軸組工法は伝統工法と同じではありません。
伝統工法は柔構造で揺れを吸収するのに対し、在来軸組工法は剛構造で揺れを受け止めるようになりました。

 

また、基礎の構築、土台の設置、基礎と土台の緊結、筋交いの多用や各種ボルトやプレートといった補強金物の使用など多くの技術は昭和時代後期以降から発達したものです。

 

さらに、耐震基準の改正などにより大きく変化しており、他の工法に比べ耐震基準改正前後で構成要素が大きく異なるのが特徴です。

 

現在の在来軸組工法は、断熱気密性を高めたり、壁の中の空気の流れを遮断するといった工夫が盛り込まれたものも多く見られます。

 

耐震性能も大幅に向上し、阪神大震災では平成以降に建てられた新しい在来工法の住宅では殆ど被害が出なかったことが知られています。

在来軸組工法のメリット

在来軸組工法のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

間取りの自由度が高い。

柱と梁の位置や長さを自由に設定できるため、外観や内装の間取りを自由にアレンジできます。また、建築後の間取り変更や壁の移動もスムーズにできます。

開口部を大きく取れる。

開口部は出入り口や窓などのことで、在来軸組工法では大きな窓や中庭などを設置できます。これにより、室内が明るくなったり、通気性がよくなったり、眺望がよくなったりするメリットがあります。

リノベーションが簡単にできる。

在来軸組工法は柱と梁の構造であるため、増改築や減築も可能です。家族構成やライフスタイルの変化に合わせて間取りを変更できるのは、在来軸組工法の大きな魅力です。

施工業者が多く選択肢が幅広い。

在来軸組工法は日本の木造住宅のほとんどが採用している工法であり、対応する施工業者が豊富です。信頼できる業者を探しやすく、建築時の業者に依頼できなくなった場合でも、新しい業者にスムーズに依頼できます。

在来軸組工法のデメリット

在来軸組工法のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

 

品質にばらつきが出やすい。

在来軸組工法は現場で大工さんが作業する工程が多く、大工さんの技術や手間によって仕上がりに差が出ることがあります。ボルトの留め方や断熱材の詰め方など、細かい部分で耐震性や断熱性などに影響が出ることもあります。

施工期間が長く掛かる場合がある。

在来軸組工法は規格化されていないため、柱や梁などの部材を現場で加工したり、組み立てたりする時間がかかります。2×4工法などのパネル工法に比べて、工期が長くなる傾向にあります。それに伴って、仮住まいの費用なども余分にかかる可能性があります。

耐震性もやや劣る場合がある。

在来軸組工法は線で建物を支えるため、地震の揺れに対して弱い部分があります。特に柱と梁の接合部などに力が加わると、破損しやすいことも考えられます。

在来軸組工法 ハウスメーカーは、

在来軸組工法は、日本の伝統的な木造建築工法ですので、在来軸組工法を得意とするハウスメーカーは多数あります。
ここでは代表的な会社を紹介します。

 

住友林業:
木造軸組工法のトップメーカーで、自社保有林率が高く、国産木材を使用した「木の匂いのする家」を建てることができます(オプション)。独自のビッグフレーム構法で最大5.4mの開口部を作ることも可能です。
住宅デザインも豊富で、和風から洋風まで幅広く対応しています。

積水ハウス:
在来軸組工法(シャーウッド構法)と鉄骨造(シャーメゾン)の両方に対応しており、お客様のニーズに合わせて選ぶことができます。
シャーウッド構法は耐震性能や断熱性能に優れており、長期優良住宅の基準を満たしています。また、自然素材や高級素材を使った高品質な住宅デザインも魅力です。

大和ハウス:
在来軸組工法と鉄骨造(ダイワハウス)の両方に対応しており、お客様のニーズに合わせて選ぶことができます。
在来軸組工法では国産木材(集成材)を使用しており、耐震性能や断熱性能に優れています。また、長期保証制度やアフターメンテナンスも充実しています。

一条工務店:
在来軸組工法の中でも独自の「i-smart」工法を採用しており、高い気密性と断熱性を実現しています。
また、太陽光発電や蓄電池などの省エネ設備も充実しており、電気代がほとんどかからない「ゼロエネルギーハウス」を提供しています。
住宅デザインもシンプルで洗練されたものが多く、モダンな住まいを好む方におすすめです。

タマホーム:
在来軸組工法の中でも独自の「タマスマート構法」を採用しており、高い耐震性能と断熱性能を持ちます。
また、自然素材や高級素材を使った高品質な住宅デザインも魅力です。住宅デザインは和風から洋風まで幅広く対応しており、オリジナリティあふれる住まいを好む方におすすめです。

 

 

 

以上が在来軸組工法でおすすめのハウスメーカーについてです。参考になれば幸いです。